2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

電気図面

電気図面を持ってきてもらいました。

一応確認して図面を作成してもらってますが、再度チェックします。

コンセント数、位置。

コンセントで思い出したのですが、実は家庭用コンセントの穴の大きさは違うのです。

基本的大きいのは左側ですが。

これにはちゃんとした理由があります。家庭用電気は交流ですがプラスとマイナスが

あります。家庭に送電されるまで電圧は6000V以上あります。それを変圧器を通し、

100Vまで下げて家庭内に送られます。万が一変圧器が壊れて、60倍以上の電流が

流れたら困ります。これを回避するために一方をアースとして地面に配線されています。

それを判別するために、片方を大きくしてあります。

一般の電化製品ならば特に気にすることはありませんが・・・・。

本日、現場を見てきました。雨も夕方からということで、大工さんもかなり

頑張ってくれていたようでした。サッシの仮付けも終わっていたようでした。

Img_1505_2

写真ではわかり難いですが「トステム」製のペアガラスです。

高気密、高断熱には必要不可欠なアイテムだそうです。

張り紙には10年保証の文字が。複層ガラス内の結露を保証しているようです。

玄関ドアも同じく「トステム」です。

Img_1508_2 まだ、固定はされていませんでした。

保護用のダンボールも巻いており

お目にかかれませんでした。

しかし、これには「ナウい・・・」

「カザス」が付いております。

建て方はじまる。

建て方がはじまりました。昨日の雨とは打って変わって快晴です。

午前中、銀行のつなぎ融資に出かけそのついでに現場の方に寄りました。

11時過ぎに寄ったら、釘打機の音が響いていました。

見るとすでに1階部分が立ち上がっていました。昨日までは、足場だけだったのですが。

Img_1444 さすがです。

大きさはともかく家が立ち上がる

というものは迫力物です。

まして2X4なんで圧迫感もあります。

周りをうろうろしてる間に

みるみる出来上がっていきます。

しばらくは見てるだけで楽しめそうです。

すぐに、現場を後にしたのですが、どうやら今日2階まで組みあがったようです。

Img_1451

明日も本日の続きで建て方を行うようです。嫁さんは現場へ行くようです。

Img_1455

しかし何故?建て方というのだろうか・・・・。

完成見学会

コスミック主催の完成見学会に行って来ました。

引渡し前のお宅の拝見です。天気も良く、室内もぽかぽかでした。

エアコンを作動さしていましたが、待機状態でほとんど運転されていませんでした。

2階へ行ってもさほど温度差を感じることは無かったように思います。

間取りというものは、ほんと人それぞれでよく考えられていると思います。

私どもも散々悩んで決めた間取り。穴が開くぐらい見た平面図。もういいだろうと

納得しても、「こんなものが・・・」と感心してしまいます。逆に私どもの間取りも

参考になればと思いますが。

今回、驚かされたのは、収納の多さです。いたるところに収納と呼ばれるものが

ありました。収納はとても大事です。結構こまごましたものがあり、かさばってきます。

その辺のところをうまく、考えてらっしゃるようでした。

壁紙のチョイスもうまくされており、家にも。と思うほどでした。

そんなこんなでとても参考になりました。

帰る間際に、コスミックで家を建てるきっかけにもなり、初めてお伺いしたお宅の

O様に会うことが出来ました。相変わらず「マニアック?路線のようでした。」

もちろん「妹尾さんも例外ではありませんが・・。」

浄化槽設置

市の許可もおり浄化槽の設置が始まりました。

私が通ったときは埋設するための穴が掘られておりました。

浄化槽が外に居座っておりました。

昼過ぎにうちの嫁が見に行った時はもう埋まってたそうです。

Img_1417

下水と浄化槽。それぞれメリット、デメリットはありますが、しばらくはこの浄化槽に

頑張ってもらいます。

この朝、この冬1番の寒さで、深夜働いている私にとって、この寒さは身に染みます。

これからが冬本番。スキーもご無沙汰、やはり温かいところで一杯・・・。なんてね。

今、住んでいるコーポは隙間風が入りとても寒いので、さすがに石油ファンヒーターを

出しました。もちろん結露だらけになります。来年の冬はこのファンヒーターもお蔵入り?

Img_1415

一時期にくらべ、灯油も値下がりしてるので、「ホッと」です。

しかし、株価は・・・景気は上がって欲しいものです。

屋根裏配線

今日、コスミックへ寄らせていただきました。急なアポでしたが

対応有難うございました。

本日は、電気設備に関して打ち合わせを・・・・といっても私がお願いしたのですが。

コンセント位置、数、回路数、などを詰めていきました。

屋根裏配線は、構造上太くて曲がらない配線はNGです。

そこで、現物を確認してもらい、なんとかいけそうな感じでした。

ケーブルは定評のある「カナレ」を使用します。

スピーカー用はバイワイヤリング対応のOFC4芯ケーブルで太さは6.4mmです。

Img_1414

映像用も同じく「カナレ」。こちらはコンポーネントケーブルとなります。

映像ケーブルは極力短い方がいいので、10mで潜らせます。

もう一つ、Sケーブルも潜らす予定にしています。

Img_1413

書斎の家電事情。

現在、建築中の私どもの家に私の書斎を設けることができました。

基本的に、間取りなんかはほとんど嫁さんが決めたのですが

無理を言って?2階の南側に場所をとってもらいました。

さすがに広くはありませんが、くつろぎスペースには十分です。

そこに、備え付けのデスク。コンセント、LAN配線などを組み込む

予定にしてます。そこに、人並みの家電を設置しようと思っています。

もちろん、ここの予算は別途です。こずかいの方から捻出です

テレビにパソコンなんかが置ければいいかな。

ネットカフェではないので、ソファーなんかは置きませんが・・・。

家電で、部屋の温度があがらなければいいですけど。

でもって、しばらく必要の無い子供部屋。

そこにNゲージのジオラマでも作って走らそうかな?なんてね。

やっと見る事が。

基礎の型枠が外れました。

一週間ほぼ毎日通ってImg_1386やっと見る事が出来ました。

写真は玄関周りです。

玄関までのアプローチが3段あります。

やはり、見ると”ごつく”感じます。

ここまで、わりに天気も良く、工事も予定

通りのようです。

運良く、妹尾さんも現場の来られており、

いろいろ話をさせていただきました。

まだまだ、立体的なイメージはイマイチですが、部屋割りはしっかりわかりました。

これから、少しずつですがイメージから現実の建物へ変わっていきます。

近くで見ると、大きさは感じませんが、少し距離を置いてみると、なかなか?

間取り的には、贅沢仕立てと言われていますが。

Img_1391

基礎の高さがある分、後々の

メンテナンスもしやすいそうです。

ちなみに、一番手前がキッチンで

子供がいるところがリビングです。

子供達にとっては、どうやら

迷路に見えるようです。

運転免許更新

運転免許証の更新に行ってきました。

最寄の警察署でもよかったのですが、即日交付ということで、免許センターへ。

平日の午前中で少ないのかと思いきや、結構な人数でした。

屈折・・・10数年?。(ゴールドが交付されるようになって何年かわかりませんが・・・。)

やっとゴールド免許証を手にすることができました。

これまで、何かと警察の方々にはある意味お世話になったと思います。

もちろん、ここではかけません

更新手続きの際に、受け付けの人に「ご本人さん?」 「???」どういう意味?

「はっ?」と聞き返すと、「3年前の免許の写真とあまりも違うもので・・・。」

にしても、警察署に替え玉なんてありえない。頼みますよ・・ほんとに。

やはり、坊主がインパクトあったのでしょうか?

Img_1385

今回、眼鏡の条件付となりました。この眼鏡はどうやら

手放せそうにありません。

コンクリート

本日、昼過ぎ基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込んでいました。

Img_1367 

ミキサー車、ポンプ車などが

来ていて、ホースから流し込んでいました。

私の実家を立てる際は

現場でセメントを練っていた

ような気がします・・・・・。

素人の私が見る限りでも、基礎が高いのがわかりますし、”ごつい”のもわかります。

少し前に、基礎を組み立ててる人に、伺ったのですが、

「業者によって、基礎のやり方なんか違うのでしょうか?」

そうすると、

「違いますよ。」一言。ともう一言。

「ここのは”ごつい”ですよ。」・・・やはりそうなんだ。

やはり、「百聞は一見にしかず」です。話ではいろいろ聞いていたのですが、

やはり現場を見てみると、うなずけるような気がします。

Img_1380

で、これが今回16mmに変更した

配筋です。3mmも変われば太く見えます。

建ってしまえば、二度と見ることの出来ない

場所。ある意味、手抜きをしてもわからない

場所。そんなとこも、手を抜かないのが、

とてもありがたく思います。

Img_1375

コンクリートの中に出ているのが、

漬物でいう「ドブ漬け」

溶融亜鉛めっき処理されたボルトです。

錆に強く、耐久年数も長いとされています。

あそこが、台所で・・・リビングで・・・そんな話

が出来る形にはなってきたようです。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »