2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

大物居座る。

本日、映像ケーブルの長さを調整するためにプロジェクターの設置を行いました。

本来なら、家の完成後の工事となるのですが大変だろうということで

電気の西本さんと監督の平尾さんにお手伝いいただきました。

肝心な固定金具等は経験豊富な西本さんにお願いし、レベルの計算は平尾さんに

お願いいしました。本当に有難うございました。

Img_1893 Img_1892

こんな具合です。スクリーンからレンズまでの距離を考えると

アスペクト16:9のスクリーンであれば120インチまで可能ですが

私のものは4:3の100インチなので若干小振りとなります。

細かな設定は引っ越してとなりますが、スピーカー確認は本日行いました。

Img_1897

ミニコンポを持ち込んでのチェックとなります。中身を確認せずに持ってきたもので

音を出したとたん、”ぞうさん”が鳴り出しました。子供の童謡MDが入ったままでした。

外には聞こえては無いはずです・・・・・・・。

こんな具合で、私の工事も?進んでいます。

写真

家を建てることとなってから写真を撮ってきたのですが

その数が約450枚を超えました。

その他子供の写真なんかを入れると1800枚を超えます。

すべてをバックアップを取っている訳ではないのでPCが壊れる前にとは

思っているのですが。後回しになっています。

PCも2001年モデルで今では化石ののようなモデル。

いつ壊れてもおかしくはありません。かといって買うお金もありません。

実家にはさらに化石化した1997年モデルも居座っています。

私自身なかなか物が捨てられない達で、化石モデルも少なからずあります。

学生時代に初めて買った、CDデッキ。これは新宅に持ち込み使用予定です。

さすがに使わなくなったビデオデッキが2台。

最近まで持っていたMSX。

8トラックはもうありませんけど・・・・・。

話が横道にそれましたけど、このPCに入ってる写真、これから撮る写真、

いまさらアナログにはもどれませんが大事に残しておこうと思います。

二度と見るこの出来ない建築中の家、この時代の子供達。

1040442_img  1060684_img_2

ちなみにこれは上のおねーちゃんのわかかれし

ころです。今を知ってる方はある意味サプライズ?

眉毛はつながってるし、腕はパンみたいだし・・・。まさに時代の1枚です。

クロス張り

クロス張りも最盛期です。

みるみる全貌が明らかになります。

クロスの選定。以前にもこのブログにも書きましたが、膨大な資料の中から

質感、柄、バランスすべてを考慮しながら選んでいきます。

やはり、視覚が重要なウエイトを占めます。無難に白系という選択も考えましたが

インテリアを担当してくれた岡本さんと相談しながら遊び心も交えて決めていきました。

カタログ上では部屋のイメージがつかみにくく、張りあがるまで「ドキドキ」です。

Img_1831 

Img_1833

↑が書斎で→が寝室です。

部屋が隣接しているためドアを開けると

ボーダー部分が同じ位置でつながります。

残念ながら、この写真と実物ではかなり

ギャップがあります。

微妙な色合いはこのカメラでは伝わりません

コントラストがはっきりしたものであれば

もう少しわかりやすいと思うのですが・・・・・。

Img_1838 トイレの床タイルも同時進行です。

窓が映りこんでいます。

便器が座るとイメージはまた

さらに変わってくるとおもいますが。

ちなみに2Fトイレはどことなく

和の感じで演出してみました。

あとは、扉などの建具が入ってくればまた変わってくると思います。

キッチン搬入

ここ何日かでかなり変化している内装工事です。

大物であるキッチンの搬入、据付も始まりました。

Img_1804 Img_1806

キッチンは琺瑯(ホーロー)でおなじみの「タカラ」です。ガラスと金属の融合で

傷や汚れもつきにくく掃除も簡単ということで重宝しそうです。磁石がくっつくのも便利です。

妻の実家のキッチンも「タカラ」製で20年たった今でもきれいで現役です。

(20年前のタカラはよくわかりませんが・・)

キッチン・・・私とは無縁の空間です。が、これからはフライパンを振れるようにでもなれば

いいと思うのですが・・・・思うばかりでしょうけど。

屋根裏への階段も設置済みでした。さっそく上がってみました。

Img_1811

天井のフックをはずすと折りたたみの階段があります。

Img_1815_2

屋根裏収納はこんな具合です。銀色のスパイラルダクトはエアコンの

風を2階へ下ろすためのものです。エアコンの設置は最後でしょうか?

ライフラインも出番待ちのようです。

Img_1801

Img_1803

我が家はガスがメインなので電化に比べかなりコンパクトです。

演出

内装工事もすすんで、ずいぶん「」という雰囲気をかもしだしてきました。

ここ最近、現場へ行くたびにに変わっていて見る側の私達にとってはとても楽しみです。

玄関先では職人さんがタイルを張っておりました。無難な柄といえばそれまでですが、

さすがに玄関ということで、このタイプに。

Img_1787

施工中は大工さんは吐き出しの窓の方から出入りしていました。

基礎の立ち上がりが高いため、三段となります。三方向からの

アプローチも可能です。

屋根裏への侵入口も出来上がっていました。(階段は未装着ですが)

コスミックの見学会でたくさん見てきた仕様です。

Img_1784_2 

ここを開けると折りたたみの階段が出てくる仕様です。

屋根裏も約31㎡と物置にはもったいないほどのスペースです。

物の多い私達家族にはとても重宝しそうです。おまけに外気の影響をあまり

受けないとなるとなおさらです。

ちなみに高さが140cm以下のため延べ床にはカウントされません。

これは、いわゆる焼き物の壁です。

Img_1791

玄関を入ってすぐ左側に張っています。左側全面に施工する予定です。

この、絶妙な色合いが玄関の・・家の演出に一役かっています。

電気の配線がみえますがここに、もちろん演出用の照明も取り付けます。

私達はセンスがないので、プロデュースはコスミックさんにお願いしました。

この、玄関からの流れで廊下、階段の壁紙も選定していきます。

こちらもお任せでお願いしています。

照明が付くとまた違った雰囲気になるのではないのでしょうか。

Img_1792

家電事情。

引越しの手間の一つに家電の移動があります。

かんたんなものであれば「パッパ」と出来ますが。

現在使用中のものが約半分。実家に約半分あります。

機種が多いと困るのが配線です。

最近のテレビは入力端子も豊富で取り付けにはあまり困りませんが

うちの機種は古いので、すべて接続可能というわけにはいきません。

なので、配線がテレビ裏で網羅しています。

Img_1628_2 Img_1629

これをはずして組みなおすとなると1日仕事となります。

簡単な配線図を作成して、1つ1つ端子を確認しながら行います。

本来は、デッキ類からテレビで済むのですが、デッキ同士の接続も

行っているためこのくらいの配線となります。

もっとハイエンドの機種となると配線も「ごつく」、数も増えてきます。

私はそこまでマニアの域ではないのでこの程度です。

ちなみにこれが天吊りを予定している、ソニー製のプロジェクターです

Img_1544

いままでの使用していた機種はひとまず小屋裏へ収納予定です。

いずれにせよ、家の嫁は半ば諦めています。

いっておきますがこれはあくまで趣味の範囲です。

足場がはずれました。

足場もはずれて、内装工事も順の調です。

ボード張りがはじまってました。

壁がひとつひとつ出来てくると、それなりの圧迫感があります。

逆に、間取りの感覚がつかめてきます。

2階は部屋割りがかなりシビアなのでよけいかもしれません。

1階は一般的なLDK+和室の間取りです。

一応・・・フルスペック間取り?です。

壁紙もひとまず決まりました。

照明も決まりあとは家の雰囲気に合うかどうか確認してもらってます。

あと、大きな問題は、今住んでいるコーポのかたずけです。

ある意味一番大変かもしれません。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »