2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

実験?

新居に引っ越して約1週間が経ちました。

本日、7年間暮らしたアパートの引渡しも終わりこれから新生活のスタートです。

新居に引っ越して感じたこと。

まず、広い。

設備が便利。ではなく、寒さをあまり感じないというのが一番の印象です。

というのも、いままで冬の時期はエアコンでは全然温まらず、石油ファンヒーターに

頼りきりでした。今は、リビングのエアコン1台で(設定温度20度)運転しています。

それもちょっとの間つける程度で十分です。季節的にちょうどいい時期なので説得力

はありませんが、それでも夜に外気温を測ると3℃から5℃ぐらいでした。

リビングのドアを閉めた状態で運転してみて、廊下に出るとひんやりしますが

しばらく開けたままでいると当然のごとくひんやりが和らぎます。

そこで少し実験?といってもたいそうなものではありませんが、何箇所かに温度計を

置いて、いろんなバージョンで観察していこうと思います。

Img_1962 リビング、1階廊下、2階廊下、小屋裏

ぐらいにおいてみようと思います。

外気温はリビングのエアコンで確認できる

のでOKです。

いまだ出番のない小屋裏のエアコンです。

静かに時を待っています。夏には活躍を

期待しています。

あくまで、年中通して温かすぎず寒すぎず生活できればいうことありません。

エアコンガンガン暖房ボウボウでは快適とはいえませんから。

Img_2017 いっこうに片付けの進まないリビング。

片付いたらまたアップします。

音響も、どれぐらいまで音量が上げれるか

チェックしてみようと思います。

ほんとは、地鳴りするぐらい鳴らしたいので

すが、さすがにそれでは家の中から苦情

が・・・・。

快適湿度。カビは湿度60%以上あると増殖するそうです。

逆に55%以下だとカビは抑えられるし、ダニも死滅率がアップしていくそうです。

アレルギーを起こさないためにも

エアコンを上手に使って快適にそしてエコに。

結露

結露です。

といってもこれは以前住んでいたアパートのものです。

引っ越し前の掃除のときに記念にと思い撮ってきました。

Img_2013 落書きが出来そうなぐらい付いています。

冬には灯油式の暖房器具を使うため余計

にです。単層ガラスのため、外気の影響を

受け温まった空気がサッシで一気に冷やされ

結露してしまいます。こうなると見えない部分

も内部結露を起こしてるのではないのでしょう

か?確かにカビの発生も多かったように

思います。では何故結露してしまうのでしょうか?

原因はさまざまな生活スタイルにあるのではないのでしょうか。風呂、暖房器具。

空気には水蒸気を含んでいます。その限界の量が飽和水蒸気量です。

温度が下がってくると空気中に含まれる水蒸気の量も減少してきます。

そうして余った水蒸気が水滴となって現れます。

そうならないためにはどうするかですが。基本的に部屋の温度を一定にしたり、

部屋ごとの温度差をつくらない。

(そうなると熱損失の少ない「高気密・高断熱が」ベースとなります)

換気を十分にしたり施工面では透湿性の低い断熱材を使うなど使うことです。

(これは業者に任せなければなりませんが。)

Img_1584

我が家の断熱は吹き付けの発砲ウレタンが

隙間なく施工されています。

外面に接するところはすべてです。

そして、複層ガラス(Low-E)も勿論です。

(設備面で紹介また紹介します。)

「結露」

特に見えない部分の結露は内部構造の腐食

そしてカビやダニの繁殖。

さまざまな面で影響がでてきそうです。

長く住みたい家。見えない部分にこそ秘密があるのかもしれませんね。

お引っ越し・・・・その後

マイホームの引渡しも終わり、18日引っ越しをしました。

まだまだダンボールだらけで片付いてはいませんが、ひとまずネットが

開通したので書いています。

新居でのブログ。建築中はなにかと動きがあるため書きやすかったのですが

引っ越してしまった今、何を書こうかと思案中です。

でも、タイトルを変えて書こうとは思わないので、「暮らし編」と称して書こうと思っています。

また、設備なんかの使い勝手なんかも交えて書けたらと思っています。

当たり前ですが、アパート暮らしでは味わえない、感動があります

引っ越し・・・・・大変なものです。転勤族の方、ホント尊敬します。

最初はいろいろ考えてみるのですが、結果的にみるだけでした。

中途半端に自分ですると結構大変です。まして、アパートの契約が月末で

引渡しが中旬だったため、アパートの方はまだ日数があり急がないだろうと思い

のんきに構えてしまいました。それが、スムーズに進まない要因かもしれません。

まだ、アパートの方には少しながら荷物があります。ましてこちらの片付け。

なかなか減らないダンボール。こんなに有ったのかと思う荷物。

何れにせよ、しばらくはかかりそうです。

完成です。

完成しました。マイホーム。カーテンの搬入はまだですが・・。

まさに今現在、完成見学会が行われています。

施主である私も足を運び、性能を体感してきました。

率直な感想として、「温かい」外は強めの風が吹き寒かったのですが

家の中は反して快適でした。無垢のフローリングも冷たさも感じませんでした。

エアコンもガンガンに稼動させてるわけでもなく、少し不思議に感じました。

臭い」自体は、建築中に散々見学してほとんど感じることは無かったので

勿論気になりません。

で、今日少しびっくりしたのが、花粉症の方が家の中に

入ったら症状が軽減したとおっしゃられてました。理由は・・・不明のようです。

私自身アレルギーがありませんのでまったく未踏の分野ですが。

性能面。機能面。快適面。すべてを体感するには、ある程度の年数がかかりますが、

これから先、満足出来そうな予感がした1日でした。

設備面の満足感はさておき、コスミックの家は文章では伝わらない何かがあります。

これから何十年と住む家。言葉では表せない何かをじっくりと体感していきたいと思います。

  

ネット環境の移転のため、少しの間ブログを休みます。

次回の更新は新居からとなります。

家も完成した事だし・・・・・・何書こうかなっ?

           

               コスミックガーデン様

     まさにゼロからの家作りのお手伝い有難うございました。

     この場を借りてお礼を申し上げます。

     また、これからも宜しくお願い致します。

玄関先のアクセント

玄関先にポストを設置しました。

本来、外溝を一緒にしてしまえばいいのですが、我が家は今のところ

予定はありません。というわけでしばらく土のみです。

Img_1965

玄関ドアの「ワックス・・・・」の張り紙も気になりますが今回のメインは「ポスト」

実際のところ、私自身はじめて見た玄関ドア。工事中はダンボールがはられたまま

でしたから。

なんとなく、壁、ドア、ポストとすべてブラウン系ですがあまりくどくならずにすんだようです。

Img_1966

ポストの下の植木鉢は重石としてのっけています。

ちなみにこのポストすべて無垢材でつくられています。

エアコンのかたち

一足早く、エアコンの引越しです。

時期的にほとんど使用していないので問題ありません。

現在、既存のエアコンは2台で新規購入が1台で計3台でまかないます。

本来は各部屋1台が理想なのですが、光熱費と導入費のコストを考えると

うなずけません。では3台ではどうなのか?

これだけは住んでみないとわかりません。

Img_1961

なにやら家庭用には似つかわしいリモコン。店舗等で見かけるリモコンです。

これには意味があります。本来エアコン個々の部屋につけて冷暖房を行いますが

我が家は小屋裏に設置して1台で2階部分をまかないます。

その為、一般的な赤外線のリモコンではききません。有線となります。

Img_1962

すでに設置済みです。ウレタンの断熱材が見えます。能力は3.6KW。

Img_1963_2

この装置で、フロアーの空気を小屋裏へ送り込む装置(ファン)です。

Img_1964

で、この換気扇で小屋裏の冷暖房の空気を各部屋に分配していきます。

これで2階フロアーが均一な温度となる予定です。

これだけは真夏の時期、寒い時期に体感しないとわかりません。

この設備は断熱、気密両方が備わってないと出来ない代物のようです。

この設備で快適に、そして光熱費が抑えられればいうことはないんですけど。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »