2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« お引っ越し・・・・その後 | トップページ | 実験? »

結露

結露です。

といってもこれは以前住んでいたアパートのものです。

引っ越し前の掃除のときに記念にと思い撮ってきました。

Img_2013 落書きが出来そうなぐらい付いています。

冬には灯油式の暖房器具を使うため余計

にです。単層ガラスのため、外気の影響を

受け温まった空気がサッシで一気に冷やされ

結露してしまいます。こうなると見えない部分

も内部結露を起こしてるのではないのでしょう

か?確かにカビの発生も多かったように

思います。では何故結露してしまうのでしょうか?

原因はさまざまな生活スタイルにあるのではないのでしょうか。風呂、暖房器具。

空気には水蒸気を含んでいます。その限界の量が飽和水蒸気量です。

温度が下がってくると空気中に含まれる水蒸気の量も減少してきます。

そうして余った水蒸気が水滴となって現れます。

そうならないためにはどうするかですが。基本的に部屋の温度を一定にしたり、

部屋ごとの温度差をつくらない。

(そうなると熱損失の少ない「高気密・高断熱が」ベースとなります)

換気を十分にしたり施工面では透湿性の低い断熱材を使うなど使うことです。

(これは業者に任せなければなりませんが。)

Img_1584

我が家の断熱は吹き付けの発砲ウレタンが

隙間なく施工されています。

外面に接するところはすべてです。

そして、複層ガラス(Low-E)も勿論です。

(設備面で紹介また紹介します。)

「結露」

特に見えない部分の結露は内部構造の腐食

そしてカビやダニの繁殖。

さまざまな面で影響がでてきそうです。

長く住みたい家。見えない部分にこそ秘密があるのかもしれませんね。

« お引っ越し・・・・その後 | トップページ | 実験? »

コメント

ビックリしました。  まるで詳しい同業者のような専門的なブログ。
専門用語満載の内容に驚いています。
やっぱり、コスミックで建てて頂いただけのことはありますね~。

これからは、冬場結露による窓面の水滴拭きからは開放されますので
ご安心下さい。

また、ユーザー目線のいろんなレポートがアップされるのを楽しみにしています。

この記事へのコメントは終了しました。

« お引っ越し・・・・その後 | トップページ | 実験? »