2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

G.W対策?

ゴールデン・ウィークが近くなりました。

行楽地、その他出かけると何かと出費の多いものです。

家でのんびりというのが無駄な出費を抑えていいのかもしれません。

でも、子供達のことを考えると、そうもいきそうにありませんが・・・。

どこへ連れて行けというのでしょうか。

そこで、G・W対策?でもありませんが、プレステ3を買いました。

Img_2121

あまりゲームが得意な私ではありませんが、結構ハマりそうです。

ゲーム機とは思えないクオリティーの高さにびっくりデス。

ちょうどブルーレイも持ってなかったし、この値段でゲームもできるし、

ブルーレイも見えるし、よしと思い購入にいたりました。

ついでにAVアンプにつなぐケーブルも追加で購入。

さすがにプロジェクターでゲームとは考えていませんが、ブルーレイが見れる分

接続はしておこうと思っています。

音声は基本5.1のためホームシアターの機器がそのまま役に立ちそうです。

勿論、オンラインもつなぎました。

最近のゲーム機はすごい。ゲームの開発にも莫大な資金がかかっているようですし。

当面は、遊べそうな気がします。

住宅雑誌

最近、やたら住宅の本を見ているような気がします。

家を建てる前は、住宅情報誌やその手の雑誌が多かったのですが。

「遅咲き?」ではありませんが、専門的な本も読むこともあります。

かといって意味を理解しているわけではありません。半分は意味不明です。

当たり前なのですが、著者によって書き方はさまざまです。

推奨するもの、敬遠するもの。いいもの。悪いもの。

建てる前にも、いくらかの本を読みましたがその頃は、結局のところ何がよくて

何が悪いのが明確ではありませんでした。

ある意味、不安をかきたてる材料の一つでした。

で今、家を建ててみて、改めていろいろ読んでみるのですが、たとえ自分の家の事に

そぐわない内容だとしても、なぜか不安になることがありません。

専門的な知識があるわけでもないのに・・・・・・・・。

逆に「ホント?かな」と思うこともあります。

なかでも、クレームをいくらか書いている本もあったものですがひどいものです。

これこそ「ほんとに?」と思うほどです。

引渡し後3日で雨漏りとか、建具が傾いてるとか、契約もしていないのに

理不尽な設計料を請求されたり、勝手に建築許可をとってたり。

信じれない話ばかりです。

私達には考えれない話です。

私達家族、入居して1か月がたちましたが不満は勿論ありません。

時期的なのも重なってですが快適です。

Img_2120

快適に感じているのは私達だけではないかも。

玄関先のニッチに飾っている花。

妻いわく「何となく長持ちしているような気がする。」との事です。

映った、映った。

部屋の片付けも一段落し、ホームシアターの配線をしてみました。

スクリーンと、プロジェクターは引き渡し前に設置済みなので、細かな配線の処理です。

Img_2114

ひとまず、スクリーンへ映し出せる配線と、普段困らない程度の処理だけしました。

今回、スピーカーもシングル接続ではなくバイワイヤリング接続(4本接続)に

してみました。高域と低域にそれぞれ分けた接続です。

Img_2117

映す前はこんな感じです。

Img_2107

100インチの4:3のビーズスクリーンです。

・・・・・・ホントのところは16:9の120インチが・・・・・・。

Img_2106_2

映った。映った。(子供のリクエストのためこの映像ですけども)

久々にきいた5、1CH。少し感動です。とりあえず映しただけで

コントラスト等の色調の調整はまだなので映像を見ながら調整していきます。

音響も調整が必要です。集音マイクで距離を割り出し自動補正かけてくれるのですが

やはり、いまいちピンッときません。これも調整して自分好みにしていきます。

Img_2113

ソファーと色がマッチしないオットマンつきのイス。実家から持ってきたので

しかたありませんが、映画を見るには必需品です。

使用機種も一級品ではなく、決して誇れるものではありませんが、

それなりに楽しめそうです。

なににしろ、ほどほどが一番かと。←言い聞かせ。

季節外れ。

桜も散り始め、結局花見と呼べるものにはいけませんでした。

花見といっても名ばかり。桜というよりお酒。あまりいける口ではありませんが、

場の雰囲気にながされてついつい飲んでしまいそうです・・・。

ここ何日か、季節外れの気温ですこし汗ばみます。

日中は20度を軽く超え、ホントに春?といった感じです。

でも以外に家の中は涼しいんですこれが。

昨日、四国から妻のご両親と、親戚の方が来られたのですが、

「なんかすずしいね。」といってくれました。勿論まだエアコンなんかは要りません。

小屋裏へも上がられて、涼しさを体感。逆に少しひんやり感を感じたようです。

一番熱の影響を受けやすい小屋裏が涼しい。不思議な感覚のようでした。

最近やたらと食べるし、寝る子供達。なにか違うのでしょうか?

言葉では、何も言いませんが、五感でなにか感じ取っているのでしょうか。

これから、夏本番です。性能の本領発揮です。

税金

なにかと出費の多いこの時期。

そうです。税金の時期です。手始めに今年から新居に課税される固定資産税

1月1日現在の所有者に資産価値に応じて課税されるものです。

土地・家屋が対象となります。家屋の方は調査がまだなのでいくら課税されるか

わかりません。ですが、新居に対しては減額措置が適用されます。

一般住宅(2階建)であれば3年間税額が1/2となります。

つまり、評価額×0.7%が課税となります。4年目からは1.4%となりますが・・・・。

しかし、床面積が120㎡までが対象となります。120㎡を超えた分は対象とはなりません。

我が家は120㎡を越えるため、評価額×120÷床面積×0.7%となります。(3年度分)

住宅ローン控除の延長と増額措置ですこし減税となりそうですが、あくまで自分が

支払った税金が戻ってくるだけで国や県が補填してくれるわけではありません。

最大で500万といったところで払ってなければ当たり前ですが戻ってきません。

最大という言葉にだまされそうですが。

時々、広告で見る月々いくらでマイホーム。住宅控除がいくらで・・・・・。という風に

控除分が組み込まれている返済額を目にすることがあります。

売るための口実かと思われますが、住宅ローン以外にそれなりにお金(税金)が

かかるということは考えておかなかればいけませんね。

私自身。昨年大手住宅メーカーで、

「住宅控除が今年で終わりますので、年内に。」といわれました。

結果的に、コスミックで建て、控除はいい方向に転がりました。

減税を売りの一つに考えている会社より、家を一番に考えてくれる会社を選んだ

結果がこうなりました。

今は、「控除が延長して・・・・・・・」という風な文句が売りになってるのでしょうか?

取扱い説明書

かなりの取扱説明書です。

設備一つ一つについてくるわけですから2つや3つではありません。

家電においては機能の多機能化に応じてかなり太くなっています。

Img_2039

トイレやガスコンロ、システムバスとさまざまなものについてきます。

基本はすべて読むのが前提ですがこの量はそうもいきそうにありませんし、

読んだ先から忘れていきそうです。

私は、頻繁に必要となるものだけをファイルし必要に応じて読んでいます。

ですから、説明書はすべて一つにまとめています。

昔は、とりあえず触ってみる。壊れたら分解してみる。だったのですが、

現在は機能が多すぎるためにそうもいかなくなりました。

何れにせよ、ひとまず基本的なことを触りながら読むのがいいのではと思います。

玄関ドア

玄関ドアの紹介です。

Img_1965

いわゆる断熱ドアです。デザインというより機能性で選んだ代物です。

使ってみて、断熱ドアらしく「ごつく」感じます。

目には見えませんがドアの中に「発砲ポリスチレン」が入っています。

季節的に、効果はあまりわかりませんが、室内温度が極端に下がらないことから

やはり外気との遮断が出来ているのではないのでしょうか。

サッシも勿論断熱仕様で、外気の冷暖気を通さないような工夫がされています。

外面は、アルミですが内面は樹脂となっています。

金属は、熱伝導率が高く内面までステンレス構造だと温度が伝わってきます。

樹脂にすることで、それを防ぐ効果があります。無論、ガラスも複層構造で

断熱や、結露の防止に役立ちます。

Img_2032_2

↑室内のサッシです。ライトブラウンの樹脂製です。

真夏と真冬に効果が出ればいいんですけど。

あまり断熱サッシについて語り合うことが無いので、イマイチ効果はわかりませんが・・。

断熱ドア。サッシはコスミックでは標準仕様です。

おまけ。

玄関ドアには「カザス」

Img_2029

使ってみるととっても便利です。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »