2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

洗面台の常識?

来客の際、以外に驚かれるのがこれ。

Img_2182

洗面台です。

歯を磨いて、手を洗って、髭をそる。ごく一般的な洗面台です。

驚かれるというのが設置場所。一般的には脱衣所が多いのですが

我が家の場合は廊下に設置しています。

では、なぜ廊下?ですけどこれには勿論理由があります。

①脱衣所を広く使いたい

アパート時代かなり手狭でこまりました。洗濯機もあるし。

②習慣性

子供達に手洗い、うがいの習慣づけ。

③家族の入浴に関係なく、用事が済ませる。

などなどを考慮したうえ廊下に。

また、いつも来客の際人目にさらされるので綺麗にしておけますしね。

Img_2183

以外に見落としがちなのが洗面台と壁との微妙な隙間。

長年使うとゴミやカビ等で黒ずみますが

コーキングしてもらっているので掃除も楽です。

動かして掃除というわけにはいきませんので。

ホンの「一手間」ですが重要です。

検討中は、どんな具合か不安もありましたが今使ってみると結構便利です。

高気密、高断熱のため廊下が暑い、寒いといったこともなさそうです。

あさがお植えてます。

先週、娘があさがおの種を四粒ほど持って帰ってきました。

せっかくなので、植えてみました。

花、植木、庭いじりは「ど!」がつくほどの素人なので妻にお願いしました。

手始めに、ホームセンターでプランターと土類と肥料を買ってきました。

日当たりがいいところを好むそうなので南側で育てることに。

Img_2174

Img_2175

先週の土曜日に植えたあさがおが本日芽を出しました。

まだ1つですけど。

娘も毎日頑張って水をあげています。

何色が咲くかわかりませんが楽しみです。

わたし=花。 似つかわしいコラボです。

家屋調査

本日、固定資産税の基となる評価格の算出のため市の税務課の家屋調査員が

我が家に来ました。場数を踏んでいる建築に詳しい人が来るかと思い

構えていたのですが構えるまもなく、ごく普通に査定の方が終わりました。

最初に固定資産税の話を少しそのあと、平面図を見て、なにやらごそごそ記入

しているようでした。当然、家の中を一通り見るわけですが、床材やら、クロスやら

見ている様子でした。又、洗面台とシステムキッチンの寸法を測っていました。

あと、システムバスの大きさも確認していました。特に質問されることもなく

40分ぐらいで終了しました。しいていうならば、「在来ですか?ツーバイですか?」

ぐらいです。私も特に質問される以外は何も言いませんでしたけど。

で、最後に少し気になったので概算で評価格のほうを教えていただきました。

「・・・・・・・・」想像で。

結論。何で評価格が変わるかはわかりませんでしたが、本格的な日本建築、

いかつい柱なんかがある家はそれなりに変わってくるそうです。

聞いていた話、コンセントの数や外構、家財道具なんかは関係ないようです。

家の団地も家がぽつぽつと増え始めました。

建築過程を見るのは楽しいものです。

やり方もいろいろあるな~といった感じです。

施主さんをあまり見かけないのですが・・・・といってもまだ基礎の段階。あたりまえか。

地盤改良の穴掘りから見ている私が変なんでしょうけど。

鳥取砂丘・・・・・・の筈が。

G.Wの終盤、友人家族と出かけようと計画していました。

連休でもないとなかなか家族で出かける機会も無いものです。

行き先は友人にお任せで、現在「砂像フェスティバル」が行われている

鳥取砂丘」へ。

国道53号線を北上するルートで、高速1000円の恩恵は受けられませんが。

順調に道を進み昼には着くかな。なんて今考えれば甘っちょろい考え・・・。

そうです。渋滞です。それもかなり。

残り15キロ弱とあと少しだったのですが、地元の車について裏道も走ったりして

いろんな方面からのアプローチも試みたのですが、結果は同じ。

駐車場に入るのに2~3時間待ち。あの車の数をみるととても無理そう。

このまま行くと到着は夕方?というのも考えられるし、子供達の集中力も

もはや限界。車の中を行ったりきたりと落ち着きも失いつつあるので

急きょ行き先変更。「コナン」で有名な道の駅に行くことに。

距離も50キロ弱で1時間ほど行けるようです。

行く途中、海沿いを走る9号線「北条」付近で巨大な風力発電?

を連想させるような巨大な物体。思わずカメラを。

Img_2157

10何個かはあったと思います。この日は天気も穏やかだったのですが、

日本海側の海風の影響??かなりの数回っていました。

Img_2169

Img_2160

さすが有名な「コナン」子供達にはピンポイントです。

道の駅とは思えないくらいの賑わいでした。

作者の原画や、仕事部屋のレプリカ、そして謎解きなんかもあって

大人でも楽しめました。

子供の元気さには頭が下がります。

Img_2153_2

で、まったく関係ないことですが、

なにやら屋根に歯止めのようなものが。

雪の降る地域には欠かせない雪止めだそうです。

一緒に行った友人が教えてくれました。

ほとんどの屋根で見られました。南に住んでいる私達にはなじみのない光景です。

人の家の写真を取っていたので、設計士に間違われたかも???。

何れにせよ、有意義な1日でした。まえやん夫妻様、車まで出していただき

有難うございました。機会があれば又行きましょう。

羽蟻参上!

昨日、天気もイマイチでどんより曇り空。

G・Wも後半にさしかかり、何をしようかと考えてるさなか

玄関先になにか「もぞもぞ」と動く黒い物体が・・・・。

良く見ると、直径2~3mm程度の蟻が大量にいるではありませんか。

さらに良く見ると羽まで生えているではありませんか。

「羽蟻?」

基礎の立ち上がりと、土との境界線を出たり入ったり、1匹や2匹ではありません。

いわゆる大量です。

とりあえず、「水攻め、掃き攻め」で攻撃。

表面上いなくなるのですが、下からわんさか出てきます。

下に白蟻でもいたら大変です。お手上げ状態・・・・。

Img_2149 写真ではいませんがこの辺にわんさか。

家の周りほぼ一周。

ピンポイントで写真を撮れればよかった

のですが、撃退でそれどこではありません

でした。

そこで、コスミックの妹尾さんに電話して

聞いてみたところ、

土壌改良で、防蟻処理しているので心配ありません。」との事。

少し、びびっている私に反して冷静な返答でした。で安心しました。

00887jpg2

「土壌処理」の施工を目にしていても、蟻が発生してしまうと不安になるものです。

建ててしまうと見えない部分なので余計かもしれません。

見えない部分の重要さ。そして、施工状態をちゃんと自分の目で見ておく。

当たり前のことかもしれませんが。

その当たり前のことが出来ていないとこもあるようです。

そして、次の日になると、蟻の集団は綺麗にいなくなっていました。

「昨日のどたばた劇はナンだったの??」って感じです。

妹尾様

休日にもかかわらず、有難うございました。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »