2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

体感ツアー

コスミック・ガーデン主催の高気密高断熱ツアーが我が家で行われました。

からっと晴れて気温が上がってれば特に問題なかったのですが、

あいにくの雨模様。エアコンで温度は下げれるのですが厄介なのが湿度。

「じとじと」とくるあの不快感です。ある意味たちの悪い天気だったかもしれません。

結局ドライ運転で湿度を60%ぐらいまで下げて運転することに。

我が家へ来られたのがスタッフさん含め20名。普通では考えられない人数です。

人の温度もかなりのものです。普段4人の生活レベルでは感じない温度になります。

ましてこの湿度。エアコンも普段にまして頑張っていたようです。

体感ツアーにこられた方には高気密高断熱がどう映ったかわかりません。

体感温度も人それぞれなので。でも少なくとも私達は快適に過ごしています。

確かに、エアコンの温度を下げれば快適さも増しますが、外へ出て眼鏡が

結露するようでは快適とはいえないような気がします。

そして、重要なのがいかに早く温度を下げられて、その温度を保てるかです。

涼しいといっても絶えずエアコンがフル稼働でそれも3台も4台も使って・・・・。

それでは経済的な無理がでてきて、意味もありません。

言葉では良く聞く「高気密・高断熱」本当の性能を言葉で伝えるのは難しいものです。

私の話も大人数で緊張してて、うまく伝わったとは思いませんが、エアコン2台で

ましてあの天気・・・・・。皆さんはどう感じたのでしょうか。

コスミックさん又いつでも、我が家を使ってください。

ちなみに、今現在エアコンはほぼ待機状態で運転中です。

ひとまず完成。

作成中だったラジコン。ひとまず完成です。

延べ3日、時間にして約12時間ぐらいでしょうか。

綺麗な状態は走らす前しかないので思わずパチリ!

あまり褒められた出来ではありませんが、一応満足です。

Img_2211

S14のシルビアです。色の選定を誤ったため、ヴィッツのような

色になってしまいました。ボンネットもカーボン調にしたかったのですが・・。

Img_2212

フロントサイドビューです。

Img_2216

リアです。イマイチ色ののりが悪く微妙ですが、こんな状態は

長くは無いので気にならなくなると思います。

まずは、腕を磨くことが一番です。

Img_2218

デカールの多さには参りました・・・・。

写真ではわかりませんが1/10なのでかなりビックです。

再燃!!

買ってしまいました・・・・。ラジコン。

再び、火がつきそうです。もともとやっていたのですが、

する友人もいなく、ましてアパート住まいということで

疎遠になっていました。

でもやはり気になるものです。と思いついつい買ってしまいました。

今回はエンジンカーはパスして電動にしました。

電動に関してはほとんど無知で学習が必要です。

仕様はドリフト専用マシンです。

「ヨコモ」のDRIFT パッケージです。

詳しくはヨコモHPで。

まだ、組み立て段階で写真はありませんが

ぜひ完成時にはアップしたいと思います。

普通に走らすのも難しいのに、ドリフトとなればさらに難易度が。

何れにせよ、熱い夏になりそうです。

エアコン作動です。

梅雨らしい独特のうっとうしい天気。室内の湿度もかなりのものです。

こうなると、窓を開けるわけにもいかず、エアコンをつけることに。

我が家のエアコンは3台。ですが基本的に使用するのは2台。

リビング「4.0KW」と小屋裏の「3.6KW」です。

リビングのエアコンは最新式ではありませんが、ある程度は省エネ効果が

期待できるのでそのまま使用。小屋裏のものは新築を期に購入しました。

まず、下のエアコンのみスイッチを入れてみました。

設定温度は「27℃」。最初はかなりの勢いで冷風が出ていたのですが

数時間後にはかなりおさまります。いわゆる送風状態です。

サーキュレーターを併用しますので循環はある程度は早いのではないのでしょうか。

室内の湿度も勿論下がっていき、じめじめ感は無くなりました。

どれくらいあてになるかわかりませんがリモコンに電気使用量がでます。

Img_2206

液晶部の右下にある「--」で表示されている部分です。

つけて3時間すれば「1」と表示されました。そのあとの3時間でも「1」

のままでした。1日つけて3KWhと仮定し25円/KWhで計算すると

25円×3KWh×30日で2250円/台・・・・・・・?

1か月でこの値段なら文句ありません。あくまで理論値ですが。

夏が終わったら、集計してみようと思います。

エアコンの省エネ+高気密高断熱性能の相乗効果が現れるでしょうか。

小屋裏のエアコンも頻度は少ないですが稼動しています。

エアコン本体が見えないため近くへ行ってというわけには行きませんが

それでも、「うわ~涼しい!!」という感覚はありませんが快適にすごせている

というのは事実です。

現在のエアコンの能力、性能を考えると、24時間どちらかのエアコンを

つけっぱなしの状態の方が効率がいいのではと思います。

(勿論、これには住宅の性能に左右されると思いますが。)

ほとんどのエアコンは圧縮機を周波数でコントロールするインバーターです。

説明書の消費電力が000W~000Wのような表示になってます。

(最近は電力でコントロールするPAM式のようですが)

室内の温度を下げるまではかなり電気を消費しますが下がってしまえば

ほとんど電力も消費しません。

マメに切るのがエコ。使い方は違えども使用電力を抑えるのもエコかもしれません。

ホントかな~?

久々の更新です。嫁さんが入院してたので(もう退院しましたけど)

先延ばしになってしまいました・・・・・。

さてさて

家を新築してからというもの目に付きやすいのか、いろんな業種の営業マンが来ます。

一番多いのが外溝屋。お庭はいかがですか?みたいな感じで。

次に電化です。

業者「電化にしませんか?」

 「は?家新築ですけど」

業者「ハイ。ですから来ました」

「いろいろ考えてガスにしたんですけど・・。するのなら最初からしてます。」

業者「でも、電化がいいですよ。電気代だけですし・・。」

こんな具合です。でもこれはまだいいほうです。

一番うそ臭かったのが「太陽光発電」

何社かの業者が来たのですがそのうちの一社とのやり取りです。

ピンポン。

業者「○×(発電機器のメーカーの名前)のものですが・・・・。」

代理店(業種)の名前は言いませんでした。

うかつにドアを開けた私もまずかったのですが。

開けたら喋るは喋る。断っても喋るし帰る気配もなし。

で、しょうがないので少し話を聞いてみた。

うそ臭いその①「電気代がほとんどタダになります」

人の電化事情も知らないくせによく言う。

うそ臭いその②「国や県の補助金が出るのでほとんど初期投資がかからない」

確か1KW=7万円だったように思いますが。そんなに安い代物なのか。

うちはガスなのでと説明すると

うそ臭いその③「エコキュート機器今ならほとんどタダで提供できます」

おそらくこの「ほとんど」がくせもの。

そして、昼間家にいることが多いと説明すると

うそ臭いその④「電化にしても昼間の電気料金はあまり変わりませんよ」

発電機をつけたことを前提に話してるとは思いますが。

でも、この業者はいったい何で利益を上げるのでしょうか?

法外な工賃でも請求されるのでしょうか。

あきらかに、売ってしまえばこっちのものというオーラが見えたのと

言葉は悪いですけど、あほくさいので帰ってもらいましたけど。

「太陽光発電」を否定してるのでなく、むしろ興味はありますが

それにはやはりさまざまなハードルがあります。

何年で減価償却できるのか、投資費と電気代のバランス。

いろいろあります。

何れにせよ家づくりもそうですが、自分自身で知識をつけることも

必要だと思います。

こういう業者に対して、反対にきっちり理屈を説明できれば

スカッとするだろうな~と思うこのごろです。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »