2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

夏が終わり

朝晩、涼しさを感じる季節となりました。

3月に入居して初めての夏を終えました。

そこで気になるのが光熱費。主に電気代ですが。

思った以上に安かったように思います。

Img_2191

高気密・高断熱の理論を電気代という数字で立証するために

少し過度すぎるかと思いましたがやってみました。

実施したのは7月と8月です。

リビングのエアコンは毎日20時間程運転。

小屋裏のエアコンに関しては24H運転しっぱなし。

7月は上記の条件で運転。

8月に関しては外気に応じて対応しました。

勿論温度は常識的な26℃~28℃設定です。

Img_1962

結論から言いますと

まず、7月と8月と差はほとんどありませんでした。

つけてない日数があった分8月が少し安価でした。

あくまで個人的な見解なので具体的な代金はいいませんが。

また、比べる物件が乏しいので。・・・以前住んでいたアパートです。(約15坪)

アパート2部屋冷やす価格と、

今の家全部屋冷やすのと歴然な差はありませんでした。

当然ながら少し割高にはなりますが。

生活家電、部屋数も増えたことを加味するとその差は歴然ではないのでしょうか。

知識のない一素人が、まして2ヶ月なんかで得たものはあまり信用できるものでは

無いのはわかっています。

光熱費の捉え方はそれぞれですが

夏だけですけどこの光熱費でこの快適性なら十分です。

あとは冬です。

エアコンで暖房予定ですが、暖房の方がエアコンの消費電力は上がります。

冬も高気密・高断熱を体感できればと思います。

来年の夏はこの感覚が当たり前になるのでしょうね。

地震対策??

地震対策ですが

我が家はこれに対しては少し考えなければいけません。

というのも

家自体耐震性は高い構造なのですが

家の中にあるもの。タンスや食器棚なんかは何もしていないのです。

あってはほしくないのですが現実の話これだけはわかりません。

南海地震も懸念される中、心配事ではあります。

軟弱な地盤で知られる岡山南部、

家もさることながら地盤改良、基礎工事も

重要となります。

地震に限らず、天災はいつ何時来るかわかりません。

有事があってからではなく、ある前の対策が重要かもしれません。

この間、知り合いの方と話していたのですが

個別に専用クローゼットをつくり、タンスなんかを寝室に配置しないのは

「ある意味地震対策では?」といわれました。

「倒れても直撃は回避できるのでは?」

言われてみると・・・・・。そうかな。

でも油断は出来ませんね。

予測不可能なことですから。

話は変わりますが、この間お客さんが家に来られたのですが

その日はかなり暑く、エアコン2台(2階と1階)をつけていたのですが

私自身は、2階が少し暑いかな?と感じていたのですが

その方は 「ぜんぜん涼しいわっ。」と一言。

別の日には、子供達が外で遊んでいて、

家に入ってくるなり「すずしい~。」と大きな声で言うではありませんが。

私は家に居たせいかあまり感じませんでしたが。

子供達の何気ない一言ですが何故だか少し嬉しくなりました。

感覚がずれてきたのでしょうか・・・・・。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »