2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

見学会へ

先週末

コスミックの完成見学会へ行って来ました。

今回は妻の用事と重なって私1人の参加となりました。

片道1時間ちょっとのプチドライブです。

妻が行けない分カメラを持参しました。

家の感想・・・

いまさらいうまでもありません。

細部にまで手が入っているのがわかります。

OB施主の立場として見ているのでいい意味驚きはありません。

しかしクロスはインパクトありました。

Img_6746

驚きが無いというのは自宅での性能が感じられると言うのが根底にあります。

レベルが維持されていると言うのが良くわかります。

見えない部分はもちろんの事、見える部分もさすがといった印象です。

施主にまでなってなぜ見学会?ですが

それは、他の施主さんに会えるという事が一つ理由としてあります。

必ずといってOB施主さんにお会いします。

今回ももちろん例外ではありません。

家は建ててしまうと興味が薄れがちですが

少なくとも私達家族はそんな事も無く興味ありありです。

今週末も見学会のようです。

いければいいのですが・・・・。

10年の使命を終えました。

我が家の洗濯物を洗浄し続けて約10年。

白物家電と呼ばれる洗濯機がとうとう壊れました。

修理?も考えたのですがこれまた使用期間、頻度を考えると

修理に値しないのではと思いあきらめました。

壊れたといっても中蓋のロックがかからず洗濯ができない程度なのですが

洗濯中に中蓋がはずれ洗濯物と一緒に攪拌する始末です。

長年の振動の軸ずれなのか脱水時の振動と音はかなりの物です。

それによりおそらく取り付け部分の金属疲労も進んだのかも知れません。

Img_2851_2 

買うといっても大小さまざまいろいろあるものです。

今、主流の斜めドラム。

とても値段的にも買える代物ではありません

洗浄力と、洗浄時間、残り湯を使用などを加味して考えると

やはり縦置きと言う決断となりました。

高い家電=使える家電ではないので

その辺を考えた結果です。

携帯電話がある意味いい例です。私の場合機能のほとんどを

使ってないのが現状です。

視覚的に判断できるテレビとはまた意味合いは変わってきますが。

でもなんだかんだ言っても9割がた使うのは嫁さんなので

嫁さん目線で選んだのが本音です。

値段やデザインにとらわれず使い勝手がいいものを選んだようです。

一つ注意なのが寸法です。洗濯機は洗面所や脱衣所がほとんどなので

入らないことが多々あるそうです。あと洗濯機を置くパンの大きさと

排水溝の位置です。

せっかく買っても入らないのでは意味ありませんから。

しかし。ほんとに痛い出費です。同時期に買ったレンジは大丈夫かな・・。

Img_2852_2

    我が家の最後のナショナル製品です。

光熱費管理

入居以来光熱費の管理をしています。

とはいえ、特に気にするわけでもなく管理しているわけですが

(管理とはいえませんが(^_^;))

しかし改善点は拾えます。つまり無駄があるかどうかです。

電化ではないため、電力会社の時間帯に縛られること無く電気を

消費できるのはある意味メリットといえますが

その分、無駄に使っている部分もデメリットとしてあります。

去年までは、ライフライン(電気、ガス、水道)の請求書を保管していた

だけですが今年から表にしています。

Img_2850

やはり、明らかな差が出るのは電気使用量です。(1~9月まで)

表は料金で出しています。

ライトブルーが電気

白がガス

ワインが水道です。

電気に関しては

夏と冬は消費量は一目瞭然です。と言っても何も気にせずに

使用してこの状態ですから改善の余地は大有りです。

左から1月ですがちょうどこの時期にエアコンが故障しました。

約8年前の機種でギリギリ省エネ?のタイプです。

故障のためか暖房能力が落ち結果的に温度を上げてしのぎ

電気ストーブ併用したのも要因かと思います。

エアコンなしで以外にも電気ストーブ1機で5日ほど乗り切りました。

電気ストーブの使用が結果電気使用プラスに向いたのかもしれません。

このときもちろん2階の小屋裏のエアコンもフル稼働でした。

エアコンを換え(もちろん省エネ)電気ストーブも使命を終えました。

日常生活の差はあるものの、2月は明らかに下がっています。

エアコンの使用条件はほぼ同じなので、リアルに差が出ました。

暖かい空気は上へ上がるので今年の冬は小屋裏のエアコンの

稼動を極力押さえその分下のエアコンに頑張ってもらおうと思います。

そして夏。

記憶にも新しいくそ暑い夏。エアコンも頑張ってくれました。

当然のことながら使用量は上がります。が

これまた今度はエアコン2号機(小屋裏)が故障しました。

しばらく気が付かずなおかつ寝室のエアコンを稼動

その分下のエアコンの設定温度を下げて運転していました。

やはり使用量上がってます。

今現在は2台ともまったく稼動はしていません。

外は結構温度は下がってきてますがまだまだいけます。

まずは今年の冬、第一段階として

無理のない程度の節電をしてみたいと思います。

この表を見たら電化や太陽光発電の営業マンが見たら飛んできそうですけど・・・。

それより、ガス代普通冬は水が冷たい分上がるんだけど

意外に差がないのはびっくりでした。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »