2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

キレた!

さぼり癖が・・・・・。

出てしまいました・・・・。

そこで今回は車いじり2段ネタ。

その1(ワイヤー切れる。)

さてさて、

切れてしまいました。

と言っても、人ではなくワイヤーです。

Img_3385


給油口のワイヤーです。

ガス欠寸前まで走った私がいけなかったのか、

勢い良くひっぱったのがまずかったのか、

黒ずんで切れてました。

ガソリンの警告を示すランプ(ビンボーランプと呼んでます)

がない私の軽四。早めの給油が鉄則なのですが

ついつい行きそびれてしまい、

給油をあせったあげくこのような始末に・・・・・・・。

直そうかやめようかと考えたのですが、自作で直すことにしました。

普通にディーラーでパーツを頼むとおそらく3~4千円。

工賃含めると1万円近くなるのではないかと思い、馬鹿らしいので

見栄えは気にしないので自作で決行することに。

Img_3386


運転席の下にあるフューエルリッド開口レバーです。

すでにワイヤーは抜き取りました。

純正パーツを買うとこれ事付いて来ます。たぶん。

Img_3388_2


リア部です。以外にシンプルです。

Img_3389


ホームセンターで10センチ11円の1mmのワイヤー

5m段取りしました。

あとは、テクニックも何も必要ありません。

差し込んで、張り具合を調整して完了です。

停め具がない分固定に苦労しましたが。

かかること1時間弱。途中閉塞でワイヤーが

通らないトラブルはあったものの何とかできました。

Img_3390


開いたぞ。

諸費用約700円でした。その代償で

手が擦り傷だらけになったのは言うまでもありません。

相変わらずつまらない事に時間を割いています・・・。

その2(ハンドル変えてみた)

10年もハンドルを握ってると革がはがれてきました。

雑巾で拭くたびに色落ちが激しくなり、見苦しくなってきました。

エアバックなしにするのは今のご時勢ありえません。

助手席だけ出ても困るので。

そこで一部ウッドのハンドルが安く手に入ったので変えてみることに。

まずバッテリーのーをはずします。エアバックが暴発したら大変です。

ハンドルの両サイドに☆型のT30のねじがありそれをはずすと

エアバック本体が以外にあっさり取れます。

真ん中のは火薬でしょうか?

Img_3381


カプラー&ホーンの結線をそっとはずします。

粗末に扱わないほうがいいと思います。

Img_3382


取ったらこんな感じです。

思った以上にハンドルが抜けなくて大変でした。

ガコガコゆすってようやく取れました。

決してセンターのねじを取ってしまわないように。

緩めた状態ではずすのが鉄則です。

一気にハンドルが外れて危険です。

顔面強打します。

Img_3383


おそらくエアバックのユニットかと思われます。

これはには触ってはいけません。

わかりにくいですが、注意書きがあり

あと下部に△のアイマークがありずれないように注意が必要です。

Img_3384_2


あとは、外した逆にハンドルを交換すればOKです。

これも1時間で作業終了です。

余韻に浸りすぎて、取り付け後の写真忘れました。

最後に

バッテリーをつないで、エアバックの警告が消灯すれば完成です。

自信がない場合はやめておきましょう。(私は行きあたりばったりです)

専門知識のある方にお願いしましょう(私はありません)

あと保険の減額の対象等ありますので

外してしまう場合は確認しましょう。

ついでにアルミも交換してみました次回にでもアップします。


エアコンの除菌・消臭

エアコンが臭い。というクレームがついた。

といっても家庭用ではなく車のエアコンである。

最近は軽四の使用頻度の方が高いため、あまりエスティマに乗っていなかった為

気がつきませんでした。実際乗ってみると・・・・・・・「くさっ!」

言葉では表現できない臭い。

はきそうというのもうなずけます。

スキーの後のブーツの臭いもかなりハードですが、そんなレベルではないようです。

そこで、応急処置として、掃除をしてみました。

Img_1726

まず、手始めにエアコンフィルターをばらして、コンプレッサーで吹かし

消臭スプレーで除菌。フィルターを交換すれば早いのでしょうが

そこそこ値段もするので、今回は掃除だけでやめました。

Img_1727

フィルターが入ってた所です。かなりの悪臭です。ここもついでに消臭。

Img_1728

そして仕上げに、発煙で除菌消臭を行えるという代物で

エアコン内に煙を送り込んでやります。

所要時間は約10分で終わります。

結果は、完璧とはいきませんが強烈な臭いとはおさらばできたようです。

つぎは、フィルターを交換しようと思います。

キーレス

今では、当たり前のキーレス。

ですが、私の「ムーヴ」にはありません。正確には付いているのだが

送信機がない。つまり中古で買ったため鍵が合鍵っぽい。

カタログで調べると、キーレスは標準装備。やはり無いと不便なので購入を決意。

某オークションで、見つけ購入しました。

でも、設定の方法がいまいちぴんと来ない。ネットで調べてもよくわからない。

そこで、またまたディーラーへ行きました。説明書のコピーをもらってくるつもりが

ものの1分ほどで設定してくれました。

これで、キーレスが使えるようになりました。

帰りに、行きつけのSHOPでOIL交換してきました。今はほんと快調です。

不調・・・

最近どうもセカンドカーの「ムーヴ」が不調であります。

通勤途中に原因不明の失速。何とか会社には間に合いましたけど。

帰宅もなんとかだましだましで帰宅。これでは通勤には使えません。

今は「エスティマ」で通勤をしています。

でも、せっかく買った軽四。修理しなければなりません。買ったとこには2回程

無償で修理してもらってるので無理もいえません。そこで近くのダイハツへ。

ダイハツへ行く前にプラグの交換はしました。

あとプラグコード(ダイレクト・イグニッションでしたけど。)の掃除もしました。

それでも、症状が軽減されず、最終的にダイハツへ。

エンジン本体。ミッション。致命的なものであれば最悪のことも考えなければと

思ったのですが、一応結果は1発(気筒)点火してないとのこと。プラグコードの不良

が疑われました。1万程なので直すことにしました。これで調子が戻ればいいのですが。

自分でやって工賃ケチろうと思ったのですが、めんどくさいことになってもあれなので

お願いすることに。そんなことで明日、修理します。

時代・・・

まえやんさんコメントどうもっす。家の方は少しずつ

ですが、進行中です。

タイトルの「時代」ですが、愛車たちの番外編と称して

少し書いてみます。クラウン。マジェスタ。とVIP系に

乗り継いできた私が、ハイラックスサーフ(130系)

に乗っていたことがありました。VIPから四駆と以外ですが

これには理由が。というのもそのころスキーに出かけるように

なりまして、レンタカー代も馬鹿にならないし、友人達と話を

して四駆を買おうという話に。で思い立ったが吉日。スキーから

帰った次の日に近くのディーラーで注文・・・。営業マンから

「ちょっとまって。もうちょっと考えたら。」と引き止められました。

そんなことで私の煮えたぎる血はさめません「買います!」

そんなこんなことにより、四駆乗りに。ま~とにかく走りました。

案の定、改造等も。今まで一番お金をかけた車ではないでしょうか。

外観。内装。エンジンにいたるまで。当時は燃料も軽油で

安いので、とことん乗りました。5年で売り飛ばしたのですが。

写真があれば「愛車たちⅢ」でアップ予定です。今現在写真が

見つかりませんが・・・。

まえやんさんこんなもんでいかが?そういえばあなたも四駆乗り

でしたな。

クーラント漏れ・・・・・

クーラントが漏れている。

先月買ったムーヴだ。水温の異常はなかったが

エンジンルームから若干のにおいと蒸発音。

下を覗いて見ると、ポタポタと赤色の液体が。

「あちゃっ。」クーラントだ。

ジャッキアップしてもよかったのだが、暑いのと熱いのでやめ。

年数も10年落ちを安くたたいたのである程度はしょうがない。

無償で修理ということで、修理に。

で、今は代車に乗っている。

ほんでもって、今日エスティマを車検に出すので、

これまた代車。「とほほ」である。

愛車たちⅡ

時代を感じる MS-137系クラウン

2.5L 3.0Lと乗り継いだ。今考えると

何を考えてんだかってカンジ。

当時はなんか車一色。人と違うこと、

どうすれば目立つかそんなことばっかり

考えていたような気がする。

1Jのエンジンもよかったが個人的には、やはり

7Mの方がよかったかな。

写真を見れば時代を感じるImg_0003_2

日付をみればなお感じる

リップスポイラーは前期型の加工付け

グリルはブラックアウトに自家塗装

低く見せるためにこれまたドア下を

自家塗装。今は車種ごとのパーツが

充実してるが、当時はほとんどこの車

にはなく、他車種の流用か自作かといった

ことが多かったようにに思う。

車種別パーツがあれば

綺麗についたり、見栄えもよくなるが、

パーツがないからこそ、自作したり、いろいろ

考えるのである。その結果、人とは違う1台

になるのかもしれない。

ある意味、車馬鹿になった原点かもしれない

こだわりの1台である。

愛車たち

「この車は、まずオーナーを誇りたい。」

のキャッチコピーでデビューした

UZS-151系でデビューしたマジェスタ。

当時、外車をイメージさせるリアビューは

鮮烈なイメージだったが、私は受け入れなかった。

でも、結果的にそのスタイルに取り付かれ、

愛車の一台に。

今では、めっきり見掛けなくなったが、見たときは

懐かしさを感じる。こうやってブログを書いているのも

先日、見かけたからである。

乗っていたのも10何年も前の話だが、

よく覚えている。綺麗に乗るを前提に購入。

もともと、完成度の高い車だけに、ほとんどお金は

掛けていない。といっても、ノーマルというのもあれなんで

アルミ・マフラー程度はさすがに。

それで、十分。

おそらく、VIPカーには乗ることもないだろう。

ほんと、車は個性の塊のようだ。

Maje001 Photo_2

P5010078

エアコン

ここ最近、ミニバンのエアコンの調子が悪い。

なにやら、ハンドルの裏のほうから、異音が。

機能的には影響ないのだがとにかくうるさい。

この、猛暑のなか、エアコンなしというのは、

いささか、我慢などできない。

車検の時と思ったが、前回の車検時に、

保証をつけてもらっている。

だから、車検の前に修理をと思っている。

こんなところで、故障してもらっては困るのだ。

目指せ30万キロ!・・・・・・は無理かな。

車事情・・・。

とうとう車検。早いものでもう3回目、丸7年がくる。

この車に乗る以前はほとんど車検を受ける前に売却。

金銭的に余裕があれば問題ないのだが・・・。

今回もディーラーにお願いする。金額的にも張るが、

年数、距離を考えればいた仕方ない。

7年で12万キロ、以前乗っていたハイラックス(130系)

は1回車検を受けてのだが、5年で15万キロ走行。

販売店では、一目置かれていたようだ。

気に入っていたのだが、ドライブシャフトのブーツが破れた為

売却。オーディオ、外観にしっかり金をかけていたが仕方がない。

はずしてしまうと原型をとどめず売り物にならないのでそのままで。

結局、今まで7台ほど乗り継いできたが、何かしろお金はかけている。

距離も相当量走っている。

話はそれたが、3回目の車検。見た目にたいした故障はないが、いくら

かかるのだろう。しかし、このガソリン高騰、どうにかならにものか。

より以前の記事一覧