2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

基礎工事

やっと見る事が。

基礎の型枠が外れました。

一週間ほぼ毎日通ってImg_1386やっと見る事が出来ました。

写真は玄関周りです。

玄関までのアプローチが3段あります。

やはり、見ると”ごつく”感じます。

ここまで、わりに天気も良く、工事も予定

通りのようです。

運良く、妹尾さんも現場の来られており、

いろいろ話をさせていただきました。

まだまだ、立体的なイメージはイマイチですが、部屋割りはしっかりわかりました。

これから、少しずつですがイメージから現実の建物へ変わっていきます。

近くで見ると、大きさは感じませんが、少し距離を置いてみると、なかなか?

間取り的には、贅沢仕立てと言われていますが。

Img_1391

基礎の高さがある分、後々の

メンテナンスもしやすいそうです。

ちなみに、一番手前がキッチンで

子供がいるところがリビングです。

子供達にとっては、どうやら

迷路に見えるようです。

コンクリート

本日、昼過ぎ基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込んでいました。

Img_1367 

ミキサー車、ポンプ車などが

来ていて、ホースから流し込んでいました。

私の実家を立てる際は

現場でセメントを練っていた

ような気がします・・・・・。

素人の私が見る限りでも、基礎が高いのがわかりますし、”ごつい”のもわかります。

少し前に、基礎を組み立ててる人に、伺ったのですが、

「業者によって、基礎のやり方なんか違うのでしょうか?」

そうすると、

「違いますよ。」一言。ともう一言。

「ここのは”ごつい”ですよ。」・・・やはりそうなんだ。

やはり、「百聞は一見にしかず」です。話ではいろいろ聞いていたのですが、

やはり現場を見てみると、うなずけるような気がします。

Img_1380

で、これが今回16mmに変更した

配筋です。3mmも変われば太く見えます。

建ってしまえば、二度と見ることの出来ない

場所。ある意味、手抜きをしてもわからない

場所。そんなとこも、手を抜かないのが、

とてもありがたく思います。

Img_1375

コンクリートの中に出ているのが、

漬物でいう「ドブ漬け」

溶融亜鉛めっき処理されたボルトです。

錆に強く、耐久年数も長いとされています。

あそこが、台所で・・・リビングで・・・そんな話

が出来る形にはなってきたようです。

基礎の下地つくり

地盤改良も終わり、基礎の下地づくりがはじまりました。

私が仕事帰りに覗いたときは重機と砂利が盛ってありましたが、

昼前に、嫁さんが現場に行ったときは、業者さんが工事をはじめておりました。

嫁さんが、現場の方に何をしてるのか尋ねてみると、「基礎の下地ですよ。」との事。

「もう、見ることの出来ない場所ですよ。」説明をうけたそうです。

基礎工事。ならびに地盤改良。出来てしまうと二度とお目にかかれない重要な場所。

工事の内容、重要性はまた後日コスミックさんに聞いてみようと思います。

Img_1343 Img_1347

基礎の段階で見てみると、ほんと小さく見えてしまいます。

地盤改良です

本日より地盤改良がはじまりました。ほんとのところは昨日からなのですが

重機の故障ということで本日からとなりました。天気はいまいちで

私どもが何かをするというと天気が悪くなるような・・・・。

地鎮祭は台風が接近してきたし。

見学・・・したところでよくわかりません。業者の方に聞こうと思ったのですが

仕事の邪魔になってもあれなので、外から見学のみとさしてもらいました。

変なおやじと思われたかもしれませんが。

順調かそうでないかすらわかりません。

あまり長々居座るとあれなので、今日のとこは帰りました。

Img_1332

いまだに・・・・・家を建てるという実感がわいてきません。