2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

LINK

内部工事

エアコンのかたち

一足早く、エアコンの引越しです。

時期的にほとんど使用していないので問題ありません。

現在、既存のエアコンは2台で新規購入が1台で計3台でまかないます。

本来は各部屋1台が理想なのですが、光熱費と導入費のコストを考えると

うなずけません。では3台ではどうなのか?

これだけは住んでみないとわかりません。

Img_1961

なにやら家庭用には似つかわしいリモコン。店舗等で見かけるリモコンです。

これには意味があります。本来エアコン個々の部屋につけて冷暖房を行いますが

我が家は小屋裏に設置して1台で2階部分をまかないます。

その為、一般的な赤外線のリモコンではききません。有線となります。

Img_1962

すでに設置済みです。ウレタンの断熱材が見えます。能力は3.6KW。

Img_1963_2

この装置で、フロアーの空気を小屋裏へ送り込む装置(ファン)です。

Img_1964

で、この換気扇で小屋裏の冷暖房の空気を各部屋に分配していきます。

これで2階フロアーが均一な温度となる予定です。

これだけは真夏の時期、寒い時期に体感しないとわかりません。

この設備は断熱、気密両方が備わってないと出来ない代物のようです。

この設備で快適に、そして光熱費が抑えられればいうことはないんですけど。

大物居座る。

本日、映像ケーブルの長さを調整するためにプロジェクターの設置を行いました。

本来なら、家の完成後の工事となるのですが大変だろうということで

電気の西本さんと監督の平尾さんにお手伝いいただきました。

肝心な固定金具等は経験豊富な西本さんにお願いし、レベルの計算は平尾さんに

お願いいしました。本当に有難うございました。

Img_1893 Img_1892

こんな具合です。スクリーンからレンズまでの距離を考えると

アスペクト16:9のスクリーンであれば120インチまで可能ですが

私のものは4:3の100インチなので若干小振りとなります。

細かな設定は引っ越してとなりますが、スピーカー確認は本日行いました。

Img_1897

ミニコンポを持ち込んでのチェックとなります。中身を確認せずに持ってきたもので

音を出したとたん、”ぞうさん”が鳴り出しました。子供の童謡MDが入ったままでした。

外には聞こえては無いはずです・・・・・・・。

こんな具合で、私の工事も?進んでいます。

クロス張り

クロス張りも最盛期です。

みるみる全貌が明らかになります。

クロスの選定。以前にもこのブログにも書きましたが、膨大な資料の中から

質感、柄、バランスすべてを考慮しながら選んでいきます。

やはり、視覚が重要なウエイトを占めます。無難に白系という選択も考えましたが

インテリアを担当してくれた岡本さんと相談しながら遊び心も交えて決めていきました。

カタログ上では部屋のイメージがつかみにくく、張りあがるまで「ドキドキ」です。

Img_1831 

Img_1833

↑が書斎で→が寝室です。

部屋が隣接しているためドアを開けると

ボーダー部分が同じ位置でつながります。

残念ながら、この写真と実物ではかなり

ギャップがあります。

微妙な色合いはこのカメラでは伝わりません

コントラストがはっきりしたものであれば

もう少しわかりやすいと思うのですが・・・・・。

Img_1838 トイレの床タイルも同時進行です。

窓が映りこんでいます。

便器が座るとイメージはまた

さらに変わってくるとおもいますが。

ちなみに2Fトイレはどことなく

和の感じで演出してみました。

あとは、扉などの建具が入ってくればまた変わってくると思います。

キッチン搬入

ここ何日かでかなり変化している内装工事です。

大物であるキッチンの搬入、据付も始まりました。

Img_1804 Img_1806

キッチンは琺瑯(ホーロー)でおなじみの「タカラ」です。ガラスと金属の融合で

傷や汚れもつきにくく掃除も簡単ということで重宝しそうです。磁石がくっつくのも便利です。

妻の実家のキッチンも「タカラ」製で20年たった今でもきれいで現役です。

(20年前のタカラはよくわかりませんが・・)

キッチン・・・私とは無縁の空間です。が、これからはフライパンを振れるようにでもなれば

いいと思うのですが・・・・思うばかりでしょうけど。

屋根裏への階段も設置済みでした。さっそく上がってみました。

Img_1811

天井のフックをはずすと折りたたみの階段があります。

Img_1815_2

屋根裏収納はこんな具合です。銀色のスパイラルダクトはエアコンの

風を2階へ下ろすためのものです。エアコンの設置は最後でしょうか?

ライフラインも出番待ちのようです。

Img_1801

Img_1803

我が家はガスがメインなので電化に比べかなりコンパクトです。

演出

内装工事もすすんで、ずいぶん「」という雰囲気をかもしだしてきました。

ここ最近、現場へ行くたびにに変わっていて見る側の私達にとってはとても楽しみです。

玄関先では職人さんがタイルを張っておりました。無難な柄といえばそれまでですが、

さすがに玄関ということで、このタイプに。

Img_1787

施工中は大工さんは吐き出しの窓の方から出入りしていました。

基礎の立ち上がりが高いため、三段となります。三方向からの

アプローチも可能です。

屋根裏への侵入口も出来上がっていました。(階段は未装着ですが)

コスミックの見学会でたくさん見てきた仕様です。

Img_1784_2 

ここを開けると折りたたみの階段が出てくる仕様です。

屋根裏も約31㎡と物置にはもったいないほどのスペースです。

物の多い私達家族にはとても重宝しそうです。おまけに外気の影響をあまり

受けないとなるとなおさらです。

ちなみに高さが140cm以下のため延べ床にはカウントされません。

これは、いわゆる焼き物の壁です。

Img_1791

玄関を入ってすぐ左側に張っています。左側全面に施工する予定です。

この、絶妙な色合いが玄関の・・家の演出に一役かっています。

電気の配線がみえますがここに、もちろん演出用の照明も取り付けます。

私達はセンスがないので、プロデュースはコスミックさんにお願いしました。

この、玄関からの流れで廊下、階段の壁紙も選定していきます。

こちらもお任せでお願いしています。

照明が付くとまた違った雰囲気になるのではないのでしょうか。

Img_1792

足場がはずれました。

足場もはずれて、内装工事も順の調です。

ボード張りがはじまってました。

壁がひとつひとつ出来てくると、それなりの圧迫感があります。

逆に、間取りの感覚がつかめてきます。

2階は部屋割りがかなりシビアなのでよけいかもしれません。

1階は一般的なLDK+和室の間取りです。

一応・・・フルスペック間取り?です。

壁紙もひとまず決まりました。

照明も決まりあとは家の雰囲気に合うかどうか確認してもらってます。

あと、大きな問題は、今住んでいるコーポのかたずけです。

ある意味一番大変かもしれません。

宿題?

宿題がでました。コスミックから

いわゆる内装の選定です。クロスやらタイルやら。

頭の痛い日々が続きそうです・・・・・。

Img_1704

Img_1706

膨大な資料の中から選定していきます。

担当の岡本さんから基本的なプランを頂いたのでそれを参考にしながら

選んでいこうと思います。少し遊び心も入れていこうとは考えてます。

でも遊ぶとなると2階でしょうけど。

現場へ行くと階段の造作が着々と進行中でした。

Img_1714

Img_1692

窓枠の無垢材です。

きれいに光ってます。

フローリング

年始の工事も始まりました。

午前中コスミックで打ち合わせを行い午後から現場へ。

コスミックへ伺ったときに年始に入って現場の大工さんが私達の顔を

見ていないという話を聞きました。・・・・ちなみに工事が始まったのが5日

打ち合わせを行ったのが7日つまり2日間現場へ行ってないということです。

正確には5日に嫁さんだけが現場入りしたのですが大工さんは帰ってました。

「どんだけ行ってんだ!」という話になります

午後ちゃんと大工さんに挨拶はすませました。

さて、現場へいくとフローリング工事が着々と行われていました。

Img_1644

ほとんど、保護シートが張られていて唯一見えたところです。

手前が子供用のクローゼット、奥が私の書斎となっています。

写真ではわかりにくいですがすべて無垢材となっています。

合板とは違い耐久年数も長いですし、体にも優しいようです。

その分単価もそれなりにするようですが。

「デロリアン??」

ではなく大工さんが使っているマックスのコンプレッサーでした。

Img_1655

かっちょいいので思わず撮ってしまいました。

来週には階段が付くそうです。

そうすれば下のちびも2階にあがれるのですが。

システムバス

システムバスが入った。

Img_1619

コスミックではおなじみの「タカラ」です。

今住んでいるところは0.75坪タイプで少々手狭ですが

新居では1坪タイプになるため少しゆったりしています。

スイッチ一つでお湯張りから追い炊きまでかなり便利になります。

というのも今現在は水とお湯を絶妙なバランスで出さなければなりません。

頭を洗っている最中急に熱湯に。ということも少なからずあります。

浴槽からお湯があふれることもありません。

いずれにせよ新しいものはいい!・・・・・あたりまえか。

断熱工事Ⅱ

断熱工事も終わり、本日朝っぱらから見に行ってきました。

早速2Fへ。

Img_1598

ウインターガーデンの様子です。いわゆる冬場の太陽熱を室内に

取り込む為の部屋です。用途としては・・・・・・昼寝ではなく

主に洗濯物を干す部屋となりそうです。物干し竿も取り付けれるようになっています。

本日、天気も良く、断熱工事も終わっているのでとても温かく感じました。

雨、風に左右されること無く、外側は勿論、部屋側にも断熱サッシが付いているため

洗濯物の湿気が室内に流れ込むこともありません。

冗談ではなく、昼寝にも使えそうです。

Img_1595

これは、屋根裏の断熱の様子です。ここもウレタンの吹き付けです。

基本仕様で80mmの吹き付けだそうです。

ここは、屋根裏部屋として使用します。

屋根裏部屋=暑苦しい。の概念を根底から覆す部屋の一つとなりそうです。

屋根裏の階段の造作がまだのため上がることは出来ませんでしたが。

明日から サイディング(外壁)の工事が始まります。

より以前の記事一覧